今年度、南信州広域連合で策定を進めてきました基本構想・基本計画(第4次広域計画)がこのほど完成し、平成27年第1回広域連合議会定例会に議案として上程され、審議の結果可決されました。この基本構想・基本計画(第4次広域計画)は、平成27年4月から施行されます。

今回の基本構想・基本計画は、リニア中央新幹線や三遠南信自動車道が活用される時代を見据えながら、「私たちや私たちに続く世代、更には新たに住民となる人々など、この地域に暮らす人々が、いつの時代も自分らしい幸せな営みを続けることが出来る」地域づくりを推進することを目的として策定したものです。

今後は、この基本構想・基本計画に示した地域づくりを着実に実行していくために、広域連合や構成市町村はもちろんのこと、多様な主体との連携を進め、具体的な取り組みを進めていきます。

計画内容については、広域計画のページをご覧下さい。